2015年06月22日

ゆーたろーさんへ

ゆーたろーさんからいただいた質問への返事です。
大変遅くなりすみませんm(_ _)m

===========================================

(1)正の整数nに対して

  

 とするとき、の値をnを用いて表せ

(2)正の整数m、nに対して

  

 とするとき、の値を求めよ

(3)a、bがそれぞれすべての実数を変化するとき

  

 を最小にするa、bの値と、そのときの最小値を求めよ

===========================================

手書きですみません(^^;

20150622_03.jpg
posted by ジュンジ at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 質問の返事

クロさんへ

クロさんからいただきました質問への返事です。
大変遅くなり申し訳ありませんm(_ _)m

==============================================================
この問題が分かりません。
・次の条件p,qについて、命題p→qの真偽を、集合を使って調べよ。
ただし、Xは実数、Mは自然数とする。
(1)P:−3≦X,q:−1≦X≦1
(2)p:│X│>3,q:│X│>4
(3)p:│X│<2,q:│X-1│<3
(4)p:mは18の約数、q:mは36の約数
==============================================================

命題p→qの真偽を集合で考える場合は
集合Pの全ての要素が集合Qに含まれていれば真
集合Pの要素が1つでも集合Qに入っていなければ偽
と結論付けます。
要素の個数が有限個の場合はベン図を利用します。
要素が実数など連続数で無限個ある場合は数直線を利用します。
真や偽になる例をそれぞれいくつか描いておくと

20150622_01.jpg

こんな感じです。
ということで質問の問題は次のようになります。

20150622_02.jpg
posted by ジュンジ at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 質問の返事